ぶちうまい‐シマヤ
山口の自然が育んだ「うまいもの」をシマヤがお届けします。

ご利用いただきありがとうございます。ログイン会員登録会員サービスのご案内
ホーム / 広告・記事・イベント / ふぐの白だしが「調味料選手権2011」のご当地部門賞を受賞しました
ふぐの白だしが「調味料選手権2011」のご当地部門賞を受賞しました

野菜ソムリエの資格認定・育成を行っている日本野菜ソムリエ協会が11月3日:調味料の日に「調味料選手権2011」を開催され、ぶちうまいシリーズの「ふぐの白だし」に『ご当地部門賞』を頂きました。

■調味料選手権2011とは
日本野菜ソムリエ協会は2009 年に11 月3 日を「調味料の日」と制定しまし(「イイ味覚」の語呂合わせ)、毎年「調味料」にちなんだイベントを開催することで、「文化の日」に改めて日本の伝統調味料を見直し、和食を再考したり、調味料の魅力を社会全体に広め、調味料業界を活性化することを目指しています。
今回は、日本の素晴らしいご当地調味料を発掘し、次のブームを巻き起こす調味料を決定する「調味料選手権2011 〜新定番調味料を探せ!〜」が開催されました。

「調味料選手権2011」には全国から70種類の調味料が出品され、調味料マイスター、調味料ジュニアマイスターによる1次審査、イベント参加者による当日投票で総合順位と項目別の部門賞を決定しました。

■ふぐの白だし評価コメント

  • デザイン性
  • 中身の色を邪魔しない、ステキなデザイン。

  • 味の新規性・斬新性性
  • とろみが新しい。雑炊を食べたい。
  • 白醤油がベースというのはあまり見たことがない気がします。
  • ふぐの風味がとても絶妙。
  • 濃厚なとろみが今までになく斬新。

  • 使いやすさ
  • ちょっとだけ料理に使って楽しみたい。
  • 溶けやすいので使いやすいと思う。
  • 味がしっかりしていて単独で使えて良さそうです。
  • 片手で開けられるフタ。
  • とろみがあるので色々な用途に使えそう。

  • ご当地性
  • ふぐと山口が直結していて分かりやすい。
  • 山口にふぐでご当地度は抜群!
  • 山口と言えばふぐと言う気がします。
  • 他の地域では難しい特異性。

  • ストーリー性
  • シリーズ化していてGood。他のも試してみたい。
  • ふぐのエキスを使った所が良い。

  • 総合的評価、感想
  • すぐにでも欲しい味。
  • 味がマイルドで何にでも使えて濃くもあり良いと思う。麺類に使ったら香りとコクで美味。
  • 分離を防ぐためにみたされた味へのこだわり、努力がすごいと思いました。
  • さらっとそているかと思えばトロっと深みのある味わい。五感のバランス良し。
  • 味が濃いので長持ちする気がしました。
  • ふぐの風味がとても絶妙で美味しい。
  • 単純に美味し!ふぐが前面に出ていて分かりやすい。
    いろんな物に合わせたくなる。
  • 濃厚な風味が出汁以外にもそのまま使用できる。
    かなり新規性あり。
    雑炊、作ってみたい。
  • 見た目の日常性と中味の特異性のギャップがある。
    もしかすると量を減らし、ボトルに高級感がある方が中味に合っているかもしれない。
  • ふぐの旨みが出ていて美味しいし新しいと思った。
  • 色がつかないのでどんなものにも使いやすい。
  • 鍋の時期に小袋に入れて冷凍なら、、。
  • とろみがあるので、ただの出汁以外の使い方も色々出来そうで気に入りました。
  • ふぐの味が効いている。
  • 万能なベース調味料として使えそう。ネーミングも良いと思う。
  • 原液をなめたのでしょっぱかったが、うま味が強く感じられてぜひお吸い物などで試したくなった。
  • 白だし(つゆ)は一般的で、ふぐの有意性を出す為に工夫が欲しい。
  • 白しょうゆ(調味料)が入ったものは、白だしでは無く、白だしつゆが正しい。
  • フグらしい風味が弱い。
    もう少し風味があれば一般の白だしと差別化と思う。
  • ふぐらしい味と旨味も雑炊で味わいたい。
    パッケージは手に取りやすい感じ。

日本野菜ソムリエ協会
日本野菜ソムリエ協会「調味料選手権2011」の結果発表(PDF)

ふぐの白だし


商品一覧








コンテンツ






 
よりどりお買い得セット

シマヤオンライン