ぶちうまい‐シマヤ
山口の自然が育んだ「うまいもの」をシマヤがお届けします。

ご利用いただきありがとうございます。ログイン会員登録会員サービスのご案内
ホーム / 開発秘話 / 大島産いりこつゆ
大島産いりこつゆ開発秘話

島の宝物
私、株式会社シマヤの田中と申します。
「ぶちうまいシリーズ商品」の開発責任者です。
この「ぶちうまいシリーズ商品」の次女とも言うべき「大島産いりこつゆ」の開発についてのお話をさせていただきます。
周防大島は山口県東部の瀬戸内海に浮かぶ本島(屋代島)と、笠佐島・前島・浮島などの諸島によって形成されています。
小豆島に次いで三番目に大きな島です。
温暖な気候と自然に恵まれた環境のおかげで元気なお年寄りが多く、「長寿の島」としても有名です。

■浮かんでは消える不安
私たちは、「大島産いりこつゆ」を作ろうと決めたときには、すでに浮島のいりこを主原料とした「大島産いりこだしの素」を苦労の末に完成させていました。
肉質がやわらかく、脂臭さや苦味のない「浮島のいりこ」をだしとして使えば、お客様においしいと言っていただける「大島産いりこつゆ」ができるであろうことは容易に想像ができていました。
ただ、私の中に釈然としないなんとも表現しがたい想いが浮かんでは消え、浮かんでは消えていたのです。
私たちは、「大島産いりこだしの素」を商品化するにあたっては、だしとなる「いりこ」の選定作業を徹底的に行って「浮島のいりこ」に決定したはずなのです。
「浮島のいりこ」が素晴らしいいりこであることは疑いありませんでした。
しかし、この「浮島のいりこ」を使って「大島産いりこつゆ」を安易に作りたくない気持ちがどこかにあるのです。
「何か忘れている」「何かが足りない」そんな「不安」が「ドシーン」と横たわっていました。

私が「アッ」と声を上げたのは、「浮島、浮島」と「ブツブツ」つぶやいているときでした。

私たちは「大島産いりこだしの素」のだし原料を選定する際に、確かに色々な産地の「いりこ」を徹底的に比較しました。
ただ、選定が終わり「浮島のいりこ」に決定してからは、味作りに没頭して「浮島のいりことは何か」の答えを出していなかったのです。
私の中の不安が「スッ」と消え去り、「大島産いりこつゆ」の商品化への意欲が、「フツフツ」とみなぎってくるのを感じました。
お客様においしいといっていただけるだけの商品ではなく、満足いただける商品が見えたのです。

■浮島のいりことは何か
「浮島のいりことは何か」に答えを出すこと、それがお客様へ満足していただける「大島産いりこつゆ」となる確信がありました。
どのような漁師さんが、どのような船で、どのような方法でカタクチイワシを捕り、どのような方法で加工し、どのような想いで商品を出荷しているのかを実際に知ることが、「浮島のいりことは何か」の答えです。

私たちは、早速、浮島のいりこを手配してくださっている問屋さんへ連絡を取り、産地取材の依頼をしました。
ところが、返ってきた返事は「漁業組合から断られました」だったのです。
「エッ」と声が出たきり、言葉になりませんでした。
「これは困った。人任せにすべきではなかった」私の率直な感想でした。
おそらく「なぜ産地取材をしたいのかの想いがまったく先方に届いていない」に違いないのです。
それからは、私たち自らがあらゆる「ツテ」をさぐり、産地取材の可能性をさぐりました。
ある日のことです。私を久しぶりに訪ねて来られた方が、「私は周防大島の出身なんですよ。私のおじさんが、浮島の漁師さんの船の修理をしていますから、ご紹介しましょう」と言ってくださったのです。
「ヤッター」と叫んでしまいました。

その方にご紹介いただいたのは、吉村マリンの社長さんです。
私は、はやる気持ちを抑えながら周防大島に出向いて行きました。
「なぜ浮島の産地取材をしたいのか」について、私の中にある情熱すべて社長さんにお話をしました。

静かに聞いてくださっていた社長さんが、「ニッコリ」微笑まれ、「わかりました。
私に任せてください」と言っていただいたのです。
帰り道、空の青さに負けない海を眺めながら感謝の気持ちで一杯になったのを思い出します。






商品一覧








コンテンツ






 
よりどりお買い得セット

シマヤオンライン