ぶちうまい‐シマヤ
山口の自然が育んだ「うまいもの」をシマヤがお届けします。

ご利用いただきありがとうございます。ログイン会員登録会員サービスのご案内
ホーム / 開発秘話 / 長門ゆずきちで作ったポンス醤油
長門ゆずきちで作ったポンス醤油開発秘話

満面の笑みポンス醤油
私、株式会社シマヤの田中と申します。
「ぶちうまいシリーズ商品」の開発責任者です。
この「ぶちうまいシリーズ商品」の三女とも言うべき「長門ゆずきちポンス醤油」の開発についてのお話をさせていただきます。

「長門ゆずきち」は山口県萩市田万川生まれの香酸柑橘です。
山口県内の萩市、長門市、下関市の三市だけで栽培されています。
平成15年には、萩市・長門市・下関市の三産地が連携して「長門ゆずきち産地連絡協議会」が設置され、技術の向上やPR活動に積極的に取組んでいます。

■モチはモチ屋に聞け
「長門ゆずきち」は「ユズ」と「スダチ」をブレンドしたような、まろやかな酸味と香りが特徴で醤油との相性が抜群です。
私たちは、この「長門ゆずきち」を使って「ぽん酢」を開発しようと考えました。
ぽん酢商品はたくさんの種類が市場に出回っていますが、産地・生産者の顔が「パッ」と見える「地域発のぽん酢」の開発を目指したわけです。

主原料となる「長門ゆずきち」の調査段階で、「生産量が少ない」「1年分の原料を収穫時期に手配しなければならない」「収穫したらすぐに圧搾しなければ酸味が損なわれる」などが判明しました。
「アッ」と声が出そうな調査結果でした。
当時、「長門ゆずきち」は青果農産物として流通しているだけでほとんど加工食品の原料には使用されていませんでした。生産量も毎年増えているとはいえ、6ヘクタールの栽培面積で18トンの収穫しかありませんでした。
「どこから手をつけたらいいのだろう」正直な感想でした。

私たちは、地元のJ A周南さんにご相談に伺いました。
「モチはモチ屋に聞け」です。
J A周南の経済部長さんは周南地区で栽培しているわけでもないのに、地域商品の開発というコンセプトに大変共感を抱かれ、「ワシがなんとかしちゃる」と「ドーン」と胸を叩いてくださったのです。
実際にその後の行動はまさに八面六臂の「ビックリ」する大活躍でした。
行く先々で部長のお名前を耳にしました。

こうしてやっと「長門ゆずきち」原料の入手方法が見えてきたのです。






商品一覧








コンテンツ






 
よりどりお買い得セット

シマヤオンライン