千原ジュニアのコーヒーキャニスター(豆入れ)!愛用品の価格はいくら?

コーヒー好きで知られる千原ジュニアさんが愛用しているコーヒーキャニスター(豆入れ)がYouTube で紹介されています。このコーヒーキャニスターのブランド名、購入方法、価格などについて気になったので調べてみました。また、ネットで購入できるコーヒーキャニスターで人気のものも調べていますので参考にしてみてください。

コーヒーバナー
目次

千原ジュニアのコーヒーキャニスター(豆入れ)

コーヒーキャニスターについては特に千原ジュニアさんはコメントされていませんが、お気に入りの豆をこの珈琲店下に入れられていますので、やはり、結構信頼おけるキャニスターを使われているようです。コーヒーグラインダーについては、既に20年以上前に購入された物を使われていますが、このコーヒーキャニスターについても、だいぶ前に購入されたもののようです。海外のAmazonも含めて、調べてみましたが、千原ジュニアさんが使用されているコーヒーキャニスターと全く同じものを見つけることができませんでした。しかし、色や形、性能については、かなり似ているもの(おそらくバージョンアップ品)を見つけることができましたので参考にしていただければ幸いです。

ブランド名(メーカー)

「MERMOO YILAN」です。

海外(中国)の貿易会社のメーカー(自社ブランド)です。Amazon ではコーヒー関係の器具をかなり多く取り扱われており、実際コーヒー関連のグッズとしては人気がある商品が多くあります。

商品名・型番

商品名:「MERMOO YILAN コーヒー キャニスター 1500ml」のようです。
型番:V97

千原ジュニアさんが YouTube で紹介されているコーヒーキャニスターもよく見ると上の部分にはコーヒー豆を入れた日付が表示できるようにしてあります。MERMOO YILANのものも同じような構造ですので、おそらくこれだと思います。

スペック・特徴

写真サイズは13.5×13.5×16センチ、重さがスプーンを含めて約450 g で容量は1500mlです。フタの部分には日付が表示されるような目盛りが付いており、一方向性のCO2排気バルブが取り付けられています。そのためコーヒー豆を保存する際の二酸化炭素などが外に放出されるような仕組みとなっています。コーヒー豆だけではなく、お茶の葉などの食品の保存にも利用できます。蓋の部分には100% BPA フリーのシリコンゴムが使われており、空気を完全に遮断するような構造となっています。付属品のスプーンは容量が30mlのステンレス製です。コーヒー豆の保存期間が焙煎してから約一か月以内と言われていますので、できるだけ新鮮さを保つためにも、このようなコーヒーキャニスターは必要ですね。

Sponsored Link

購入方法・価格

ネットでの購入方法

ネットで購入する際には、 Amazon や楽天ヤフーショッピングなどでの購入が可能となっています。検索できるようにしていますので、最新の価格については調べてみてください。この商品に関しては アマゾンズ チョイスにも選ばれているコーヒーキャニスターです。

日本製のコーヒーキャニスター

ZEROJAPAN コーヒーキャニスター(日本製)

ZEROJAPANキャニスターのコーヒーキャニスターは、本体や留め具パッキンに至るすべての部品が日本国内で製造されたものです。コーヒー大国アメリカでも高く評価されており大手のコーヒーチェーンにも採用されている信頼おける製品がこのコーヒーキャニスターで、すでに1000万個以上が生産販売されています。
こちらのキャニスターは陶器で作られていますので、遮光性はもちろんしっかりしており、ステンレス製と比べると金属特有の匂いなどが生じないというメリットもあります。
アメリカの別荘地(西海岸)のオーナーがこのゼロジャパンキャニスターを使って約1年間の長期保存にも耐えうる性能があったということから評判が広まっていっています。
サイズに関しても400cc 800cc 1400cc などいろんなサイズのものがありますので、容量に合わせて購入することが可能となっています。

珈琲考具 下村企販 キャニスター(日本:燕三条製)

下村企販のコーヒーキャニスターは素材が18-8ステンレスを使用して作られています。製造しているところは日本の金属加工を牽引している新潟県の燕三条で作られています。ステンレス製のコーヒーキャニスターを探している場合にはこの燕三条製のキャニスターも候補の一つに入れてもいいと思います。

関連記事

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる