コーヒーフィルターの種類と特長!ペーパー、ネル、ステンレスの比較

コーヒーを自宅で楽しむための「コーヒーフィルター」選びでは、ペーパーフィルター、布フィルター、金属フィルターなど、多様な種類があり、それぞれの特性や味の違いを理解することが重要です。

この記事では、各種コーヒーフィルターの特徴やメリット、デメリットを詳しく解説し、自分に最適なフィルターの選び方を提案します。理想的なコーヒータイムを迎えるために、適切なフィルターを選んで、毎日のコーヒーライフを充実させましょう!

目次

コーヒーフィルターの種類とそれぞれの特性

コーヒーをドリップする際に使用するフィルターには、主に以下の3つのタイプがあります。

  1. 紙製の「ペーパーフィルター」
  2. 布製の「ネルフィルター」
  3. 金属製の「ステンレスフィルター」

一般的に最もよく使われているのは、スーパーマーケットなどでも手に入るペーパーフィルターで、特に初心者には使いやすい選択肢です。

ネルフィルターやステンレスフィルターは、まだ一般的ではないかもしれませんが、それぞれ独特の特性があります。ネルフィルターは、時間をかけて丁寧にコーヒーを淹れたい方に適しており、ステンレスフィルターは、紙や布とは異なる風味を楽しむことができ、何度も使える点が魅力です。

これら各フィルターの特徴や、自宅でのコーヒー淹れにおけるメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

Sponsored Link

おすすめのスタンダードコーヒーフィルター

UCC コーヒーフィルター酸素漂白

この商品は初心者にも扱いやすい台形デザインのペーパーフィルターで、漂白された白い紙を使用しています。無漂白のフィルターはコーヒーに紙の匂いや色が移りがちですが、この漂白タイプはそのような問題が少なくなっています。

UCC(ユーシーシー)
¥2,041 (2024/05/17 19:44時点 | Amazon調べ)

さらに、このフィルターは塩素を使用せずに酸素で漂白されており、漂白剤特有の匂いがなく、コーヒーの味を損なうことがありません。価格設定はオープン価格で、1~2人用だけでなく、2~4人用、4~6人用とサイズのバリエーションも豊富です。

他にも、自然な風合いを楽しめる無漂白タイプや、環境に優しい「バンブー入り無漂白」タイプも選べます。

【特徴まとめ】

  • 定番の台形ペーパーフィルター
  • 紙の匂いが少ない漂白タイプ
  • 環境に優しい酸素漂白使用

Kalitaの「KWF-155」ペーパーフィルター

このフィルターは、カリタが開発したウェーブ型ドリッパー用に設計されており、その形状がユニークです。フィルターの底は平らで、3つの穴が開いていて、ここからコーヒーが抽出されます。

ウェーブ型のデザインにより、ドリッパーとペーパーフィルターの接触面積が少なくなり、お湯がフィルター内に滞留せずに素早く流れるため、クリアで雑味のない味わいのコーヒーが得られます。また、平らな底部によって、お湯が均等にコーヒー粉に浸透しやすくなっています。この特性は、特にコーヒーの淹れ方に不慣れな初心者にとって、手軽に美味しいコーヒーを淹れるのに役立ちます。

提供されているのは1~2人用の「KWF-155」です。さらに広い2~4人用の「KWF-185」も用意されています。

【特徴まとめ】

  • カリタ特製のウェーブ型ドリッパー専用設計
  • 抽出が早く、雑味のないクリアな味わいが特徴
  • 初心者も簡単に扱えるユーザーフレンドリーなデザイン

HARIO V60用ペーパーフィルター 01M

このフィルターは、ハリオの円錐形ドリッパー専用に設計されており、ペーパーフィルターの先端から直接コーヒーが落ちるように作られています。

ハリオ(Hario)
¥588 (2024/05/17 19:44時点 | Amazon調べ)

この構造により、コーヒー粉が縦に厚くなり、お湯がコーヒー粉と接触する時間が長くなるため、豊かな味と香りを引き出すことが可能です。注ぐお湯の速度に応じて、コーヒーの味の濃さを調節できるのもこのフィルターの特長です。

「V60ペーパーフィルター01M」は、100%自然パルプの未漂白タイプで、紙の自然な質感が味わえます。紙のにおいが気になる場合は、使用前に熱湯を通すことをお勧めします。

【特徴まとめ】

  • ハリオの円錐形ドリッパーに最適なペーパーフィルター
  • お湯の接触時間が長いため、コーヒーの深い味わいを抽出
  • 自然な素材感が魅力の未漂白パルプ製

HARIO (ハリオ) ネルドリップ ろか器 ウッドネック コーヒードリップ 1~2人用 DPW-1用 DFN-1

この製品は、HARIOが提供するネルドリップ用の「ウッドネック」ドリップポット専用のフィルターです。木製の取っ手が特徴的なこのベーシックなセットは、ネルフィルター(布フィルター)、ガラス製ドリッパー、コーヒーサーバーを含んでおり、ネルドリップをこれから始めたい方に最適です。

その大きな魅力は、細かいメッシュのネルフィルターにより、コーヒーの濾過がゆっくりと行われ、豆の持つ酸味、苦味、コクをしっかり引き出すことができます。

サイズは1~2杯用です。また、3~4杯用の大きなサイズもご用意されています。布フィルターだけの交換が必要な時には、「ウッドネックろ過布 FD-1(3枚入り)」も利用可能です。

【特徴まとめ】

  • HARIO「ウッドネック」専用のろ過器
  • 初心者にも扱いやすい、基本的なセット
  • 細かいネルフィルターで豊かな味わいを抽出

KINTOの「SLOW COFFEE STYLE コーヒージャグセット 」

このセットには、ステンレス製のフィルター、ジャグ(サーバー)、フィルター受けのブリューワー、そしてホルダーが含まれており、家庭で簡単にコーヒーを淹れることができます。ステンレスフィルターは、コーヒーの豊かな味と香りをしっかり抽出するので、味わい深いコーヒーを楽しむのに最適です。

KINTO(キントー)
¥4,540 (2024/04/22 20:15時点 | Amazon調べ)

ジャグには適切な湯量を測るための目盛りがあり、ホルダーにはコーヒー粉の量を示す目盛りがついています。また、使用後のフィルターを置くスペースも設けられています。

シンプルでありながら洗練されたデザインと落ち着いた色使いが、どんなキッチンにもマッチし、コーヒータイムをスタイリッシュに彩ります。

300ml(1~2人用)や600ml(3~4人用)のバージョンもあります。

【特徴まとめ】

  • ステンレスフィルターを使用した家庭用コーヒー抽出セット
  • 機能的なデザインで湯量やコーヒー粉の量を簡単に測定
  • スタイリッシュな外観で、コーヒータイムをエレガントに演出

コーヒーフィルターの種類と特性(ペーパーフィルター編)

ペーパーフィルターの特性

一般的なハンドドリップ用フィルターとして知られるペーパーフィルターは、ペーパードリップとも呼ばれます。このフィルターの利用によって、すっきりとした味わいのコーヒーが楽しめるのが特徴です。この効果は、フィルターの細かい繊維がコーヒーオイルや雑味を適切に除去することにより得られます。

ペーパーフィルターはドリッパーにセットして使用しますが、形状は製造メーカーやブランドによって異なるため、同じブランドの製品間での使用が推奨されます。異なるブランドのドリッパーを使用する場合は、適切にフィットするフィルターを選ぶ必要があります。

利用者のニーズに応じて、ペーパーフィルターは1~2人用や4~6人用といった異なるサイズがあります。使用するドリッパーに合わせて、適切なサイズを選びましょう。

ペーパーフィルターはスーパーマーケットや100円ショップで手に入れやすく、扱いやすいため、初心者にも最適です。使用後はコーヒーの残渣と共に簡単に廃棄できるため、清潔で便利です。しかしながら、使い捨てるためのコストが積み重なる点はデメリットかもしれません。

ペーパーフィルターの適切な使い方

ペーパーフィルターを使用する際は、ドリッパーに密着させることが重要です。フィルターがドリッパーから浮かないよう、またサイズがぴったり合っていることを確認してください。これにより、ドリップの安定性が保たれます。フィルターをセットする前には、接着面をきちんと折り曲げると、フィルターが開きやすくなり、ドリッパーの内壁にしっかりと密着します。

通常、ペーパーフィルターは1回ごとに新しいものを使用しますが、多くの場合、数十枚単位で販売されています。使用するまでの間は、湿気やにおいから保護するために、適切に保管することがコーヒーの品質を保つ上で重要です。封をしておくことをお勧めします。

また、コーヒーを頻繁に淹れる場合は、フィルターを取り出しやすい場所に保管すると便利です。市場にはペーパーフィルター専用の保管ケースもありますので、それを使用するのも一つの方法です。

ネルフィルターの利点と使用方法

ネルフィルターの利点

ネルフィルターは、柔らかいフランネル布を使用した布フィルターで、この方法でコーヒーを淹れることを「ネルドリップ」と称します。このフィルターを使用することで、コーヒーの微粒子がフィルターに残り、出来上がるコーヒーは特に滑らかな口当たりを楽しむことができます。

一般的には、ネルフィルターをハンドル付きのリングに取り付けて使用し、このタイプが最も一般的です。大量にコーヒーを淹れるカフェなどでは、専用の装置にネルフィルターをセットして使用することもあります。サイズは1~2人用から大規模な業務用まで幅広く、サイフォン式のコーヒーメーカーでも同様のフランネル素材が使われています。

ネルフィルターの最大の利点は、ペーパーフィルターに比べて自然な味わいを楽しめること、そしてペーパー特有のにおいがないことです。ただし、適切な手入れが必要であり、使用前の煮沸処理や使用後の丁寧な洗浄が欠かせません。

ネルフィルターは繰り返し使用可能ですが、布の目詰まりが生じた場合は交換が必要です。コーヒーの油分が布目を塞ぐことがあり、抽出時間が長くなったり、コーヒーがスムーズに流れなくなったと感じたら、新しいフィルターに交換する時期かもしれません。

新しいネルフィルターの準備と使用方法

新品のネルフィルターを使う前には、まず水で手早く洗い、その後コーヒーを使用して約20分間煮沸することが推奨されます。これにより、フィルターに残っている糊や汚れが除去され、コーヒーの味が良くなります。

コーヒーを淹れる際には、粉の中心を軽く凹ませておくと、お湯を注ぎやすくなります。

使用後のネルフィルターは、煮沸してからニオイを消し、清潔な容器に水を入れて保管します。これは布に残る油分が酸化するのを防ぐためです。保管中の水は毎日新しくしてください。

ステンレスフィルターの特性と利点

ステンレスフィルターの特性

ステンレスフィルターは、耐久性のあるステンレス製の金属フィルターで、コーヒーオイルがフィルターに捕らわれずに抽出されるため、コーヒーの香りや風味がより強く感じられるのが特徴です。

このタイプのフィルターは多くが円錐形をしており、一体型のドリッパーとしても機能します。サイズやメッシュの細かさにはバリエーションがあり、それぞれのニーズに応じた選択が可能です。

ステンレス素材は水洗いが可能で、錆びることなく衛生的に使用できます。再利用が可能なため、初期の投資はペーパーフィルターよりも高くなるものの、長期的にはコストを節約できます。

また、ステンレスフィルターの目は比較的粗く、微細なコーヒー粉も抽出液に混ざりやすいです。これにより、コーヒーオイルやその他の風味成分が直接カップに流れ込むため、コーヒーの本来の特性を存分に味わうことができます。

ただし、このフィルターで淹れたコーヒーは粉が混じりやすいため、口当たりが少し粗く感じられることがあります。滑らかな口当たりを好む方にとっては、これがデメリットになる場合があります。

ステンレスフィルターの正しい使い方

ステンレスフィルターを使用する際は、ドリッパーは不要ですが、コーヒーが滴り落ちるためには専用のコーヒーサーバーが望ましいです。計量したコーヒー粉をフィルターに入れ、お湯が直接フィルターに当たらないように注ぎます。

コーヒーを淹れ終えた後のステンレスフィルターは、まずコーヒーかすを捨て、残りのかすを流水で洗い流します。その後、洗剤を使用して優しく洗うことが重要です。洗剤がフィルターの目に残らないよう、十分にすすいでからよく乾燥させてください。フィルターの目がコーヒー粉で詰まることがあるため、使用後は迅速なお手入れが推奨されます。

コーヒーフィルターの選び方で味の多様性を楽しむ

コーヒーの楽しみ方は、使うフィルターによって大きく変わります。最も一般的なペーパーフィルターのほかにも、ネルフィルターやステンレスフィルターなどがあり、それぞれ異なる味わいを提供します。

ペーパーフィルターで望む味が得られない時は、ネルフィルターやステンレスフィルターを試すのも一つの方法です。ペーパーフィルターは使い勝手が良く、ネルフィルターは滑らかな口当たりを、ステンレスフィルターはコーヒー本来の香りをしっかりと引き出します。

さまざまなフィルターを試して、あなたに合った最適なコーヒー体験を見つけましょう。どのフィルターから始めますか?

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次