コーヒーメーカー(ミルなし)のおすすめ!象印EC-AK60-TDの口コミレビュー!

象印 EC AK 60 TD コーヒーメーカーについての口コミレビューです。ハンドドリップは湯を沸かし、フィルターと引いたコーヒー豆をセットし、そこに湯を入れてサーバーにためるまで時間がかかります。ドリップ式コーヒーメーカー(ミルなし)なら、水をタンクに入れ、フィルターとコーヒー豆をメーカーにセットしたら、あとはスイッチを入れるだけ。手で淹れるよりも半分以下の時間で同じ量のコーヒーが作れます。

目次

コーヒーメーカー(ミルなし)のおすすめ!象印EC-AK60-TD

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

象印EC-AK60-TDのスペック(特徴)

サイズは奥行き15・幅23・高さが28cmで、置き場所には困らない大きさです。このサイズだと安定感があるので、先日震度1の地震がありましたが倒れずに最後までドリップしてくれました。重量は1.7kgと記載されていますが、実際に持つと1kgもない感じがします。普段は台所において使っていますが、仕事が立て込んでくると台所に行くのが面倒なので、直接仕事場でドリップしそこからコーヒーをカップに入れて飲みます。色が黒なので、白を基調とする仕事場ではインテリアの代わりにもなります。

製造している会社(象印)について

象印マホービン株式会社は1918年(大正7年)創業の、調理家電製品・生活家電製品・リビング製品などの製造・販売を中心にした大阪に本社をおく老舗企業です。創業当時から変わらない「暮らしをつくる」を理念に、これまで多くの家電を世に送ってきました。

Sponsored Link

象印EC-AK60-TDの口コミレビュー

象印EC-AK60-TDのおすすめポイント

まず、値段で選びました。これまでハンドドリップでコーヒーを淹れていたので、コーヒーメーカーを使用するのは初めてでした。安物を買うと潰れやすいと思い1万円以上の商品を見比べますが、決め手にかけます。そのうち、初めて使うならまずは安いもので試してみようと思い、どのメーカーよりも安い象印に決めました。

次に、「ダブル加熱95度抽出」という機能で選びました。ハンドドリップでは最初コーヒーを蒸らしてから湯を注いで抽出します。満遍なく蒸らしきれないと味がおち、酸味の強いコーヒー豆なら変な酸味がして飲めたものではありません。しかし「ダブル加熱95度抽出」は水をヒーターで沸かしてから、その熱湯と熱湯が沸く蒸気でフィルターにセットしたコーヒー豆をまんべんなく蒸らしてくれます。手で行うよりも完璧なので、味が落ちることはありません。

象印EC-AK60-TDの気になる点(デメリット)

コーヒーメーカーにセットされているサーバーをなんとかしてほしいです。耐熱ガラスなので熱では割れませんが、落とすと簡単にヒビが入ります。最初はテープで補修して使っていましたが熱でテープが溶けるので、買い換えざるを得ませんでした。

とっても気になるコーヒーメーカー

メリタ コーヒーメーカー アロマサーモ 10杯用 JCM-1031/SZ ブラック

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

メリタ コーヒーメーカー アロマサーモは一度にカップ10杯を作れるので、作る手間が省けます。また、淹れたあともコーヒーの温度が下がらない保温ポットは落としても割れず、どこにでも持ち運べます。最後にアイスにしたければ、ポットに氷を入れておけば作れる点もいいです。

まとめ

これまではハンドドリップでコーヒーを淹れるのが普通だと思っていました。しかし、コーヒー好きの私にとって好きな時に飲めないのは、とても苦痛です。かといって一杯ごとにハンドドリップしていては時間が取られ、仕事が中断されてしまいます。その点、コーヒーメーカーがあると一度にたくさんの量を作れて保温がされるので、手間が節約できます。また、使用後の清掃も楽です。フィルターをセットする部分が外せるので、水洗いがとても簡単にできます。

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次